入れ歯

sp_bn01.png
TEL:084-954-0838 24時間WEB予約可

「歯が抜けると義歯を入れないといけないのか?」というご質問を受けることがあります。
歯は上下の歯が噛み合わさっていることで歯の長さが一定に保たれているので、歯が抜けたまま放っておくと抜けた部分の反対側の歯が長くなり、バランスが悪くなってしまいます。また、周囲の歯がむし歯になりやすくなったり歯並びが悪くなったりと、ほかの歯にも大きく影響が出てきます。
おいしく食べることができなかったり、噛む力や消化能力が低下したりするなど、健康上にもよくありません。以上のような理由から、義歯を入れることをおすすめいたします。入れ歯やブリッジなど保険適用のものもございますので、お気軽に福山の当院にご相談ください。

下記の3つの治療法があります。

入れ歯

失った歯の部分に、床と呼ばれる土台に義歯を付けたものを装着する

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り、義歯を金具で橋を渡すようにして装着する

インプラント

失った歯の根の部分に金属の人工歯根を埋め込み、その上に義歯を取り付ける

福山市の当院では、できるだけご自分の歯を長く使っていただける入れ歯をおすすめしております。
入れ歯をつくるからには、できるだけ快適な状態で毎日お使いいただけるよう、お口の形に合ったものにするために時間をかけて調節していきます。

あなたに合う入れ歯はどちら?<入れ歯の種類>

※治療例の一部です。詳しくはご来院時にご相談ください。

保険適用内のもの

「レジン床義歯」(歯科用プラスチック製)

床の部分に歯科用のプラスチックを使用した入れ歯です。
時間が経ってくると歯茎がやせて裏側がすいてくるので、裏側を足すことが必要になる場合があります。

自費診療(保険適用外)のもの

金属を使わない義歯

「センス」サーモセンスデンチャー(フレキシブル義歯)

金属を使わず、留め金がないので、着けていることに気付かれにくく、装着感がよいのが特徴です。
また、金属を使わないことで、お口の中がさわやかで食事の味がおいしく感じられます
変色しにくく、強度もあり、長く使うことができます。また、片側ずつ小さな義歯をつくることも可能です。

料金
1歯~4歯 65,000円(税抜)
5歯以上 85,000円(税抜)~

装着がしやすい義歯

「スイング」(スイングウエッヂアタッチメント義歯)

留め金が開閉式になっているので取り外しがしやすく、ロックを解除しない限り外れる心配がありません。
金属部分は前から見えにくいので、見た目がよく、傾きのある歯でもすっきりとしたものがつくれます。
自費診療にしてはリーズナブルにつくることが可能です。

料金
●●● ●,●●●円(税抜)
●●● ●,●●●円(税抜)~

密着感がある義歯

「金属床義歯」

床の部分が金属の入れ歯で、プラスチック性のものより3分の1ほどの薄さで密着感があります。
熱の伝わりがよいので温かさや冷たさがわかりやすく、味をよく感じることができるのが特徴です。後々の修理もしやすいので長く使えます。

上記は部分入れ歯一例ですが、福山市の歯医者、もりかわ歯科医院では保険の総入れ歯、自費の総入れ歯も扱ってますので、こちらもお気軽にご相談下さい。

TEL:084-954-0838 土日も診療 24時間WEB予約可